知財ひとり応援談
中小企業を応援するブログです。
プロフィール

知財ひとり応援談

Author:知財ひとり応援談
知財ひとり応援談とは・・・知財の側面から中小企業を応援する弁理士稲葉のブログです。
名古屋市の栄から「応援談」を発信します。
特許申請、商標登録、ブランド価値の向上に興味をお持ちの方は、以下のホームページにお進みください。メールもお待ちしています。
http://www.inpat.com/

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
地震により影響を受けた手続の取り扱い()
2011/03/14 11:41 [Mon]
category:未分類
東北地方太平洋沖地震により影響を受けた手続の取り扱いについて(第1報)

                         平成23年3月14日
                          特   許   庁


特許、実用新案、意匠又は商標に関する出願等の手続について、平成23年3
月11日発生の東北地方太平洋沖地震の影響により、所定の手続ができなくな
った方にお知らせいたします。

1.出願について
特許庁は通常どおり電子出願の受付を行っております。なお、地震の影響によ
り電子出願ができない場合は、緊急避難手続(PCT国際出願を除く)により
手続を行って下さい。          

上記、手続を行うことが不可能な方につきましては、特許出願書類等を書面で
作成し最寄りの郵便局に提出(郵送)又は特許庁出願支援課窓口に提出するこ
とにより手続を行って下さい。

2.特許庁に係属中の出願又は審判について

(1)指定期間について
特許庁に係属中の出願又は審判について、東北地方太平洋沖地震により特許庁
の指定した期間内に手続ができなくなった方は、手続が可能となり次第速やか
に手続を行って下さい。

手続の際には、平成23年東北地方太平洋沖地震の被害を受けて手続ができな
かった事情を説明する文書を添付して下さい。必要と認められる場合は、有効
な手続として取り扱うものとします。

(2)法定期間について
以下の(ア)~(シ)の手続については手続すべき期間が法律又は政令で定め
られていますが、東北地方太平洋沖地震により所定期間内に手続ができなくな
った方は、手続が可能となってから14日以内に手続をして下さい。ただし、
所定期間経過後6月以内に限られます。((シ)については所定期間経過後9
月以内)。

手続の際には、平成23年東北地方太平洋沖地震の被害を受けて手続ができな
かった事情を説明する文書を添付して下さい。必要と認められる場合は、有効
な手続きとして取り扱うものとします。

(ア)実用新案登録に基づく特許出願〔特許法第46条の2第3項〕
(イ)特許料等の追納〔特許法第112条の2〕〔実用新案法第33条の2〕〔意
  匠法第44条の2〕
(ウ)拒絶査定に対する審判請求〔特許法第121条第2項〕〔意匠法第46条
  第2項〕〔商標法第44条第2項〕
(エ)確定審決に対する再審の請求〔特許法第173条第2項〕〔実用新案法第
  45条〕〔意匠法第58条第1項〕〔商標法第61条〕
(オ)訂正請求〔実用新案法第14条の2第6項〕
(カ)審判の請求の取下げ〔実用新案法第39条の2〕
(キ)手数料の返還請求〔実用新案法第54条の2〕
(ク)補正却下の決定に対する審判請求〔意匠法第47条第2項〕〔商標法第
  45条第2項〕
(ケ)商標権の存続期間の更新登録の申請〔商標法第21条〕
(コ)防護標章登録の存続期間の更新登録出願〔商標法第65条の3〕
(サ)商標権の書換登録申請〔商標法附則第3条第3項〕
(シ)特許権の存続期間の延長登録の出願(ただし、存続期間の満了後は出願
  することができません。〔特許法施行令第4条〕

東北地方太平洋沖地震は、「特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図る
ための特別措置に関する法律」(以下「特定非常災害特別措置法」という。)
第2条第1項に規定する特定非常災害に指定されましたので、上記(ア)~(
シ)以外の手続についても、特定非常災害特別措置法第3条第3項の規定に基
づき手続期間の延長が認められる場合があります。詳細につきましては速やか
に御案内いたします。

本記事に関する問い合わせ先
 総務課業務管理班
 03-3581-1101 内線2104
e-mail:お問い合わせフォーム

手続一般についての問い合わせ先
 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
 相談部
03-3581-1101 内線2121~2123
e-mail:お問い合わせフォーム
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://inacchinoblog.blog40.fc2.com/tb.php/68-009dfe85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。